GTOリバイバルに松嶋菜々子は出演する?キャスト一覧と放送日を調査

26年ぶりに「GTO」が復活し、反町隆史さん主演で「GTOリバイバル」として放送することが決定しました。

そこで気になるのは「冬月先生のキャストは誰なのか?」「松嶋菜々子さんは出演するのか?」ですよね。

初代「GTO」では反町隆史さんと松嶋菜々子さんの共演が結婚へのきっかけとなった作品でもあり、「GTOリバイバル」で夫婦共演を期待する声がたくさん出ています。

そこで今回は、「GTOリバイバル」に松嶋菜々子さんは出演するのか、またキャスト一覧と放送日についてお伝えします。

2023年9月28日、女性セブンの報道で松嶋菜々子さんが「GTOリバイバル」に出演するとの情報が入ってきました!情報追記しています。

目次

「GTOリバイバル」松嶋菜々子は出演する?

出典:

「GTOリバイバル」の主演・鬼塚英吉役は反町隆史さんと発表されていますが、現時点では、

  • 冬月あづさ役は未発表
  • 松嶋菜々子さんが出演するかも発表されていません

2023年9月15日「GTOリバイバル」の放送が決定したことが発表されましたが、

現時点で発表されているキャストは主演の反町隆史さんのみです。

ゆう

すでに撮影は始まっており、キャストは決まっているはずですので、近々発表があるかと思います!

撮影の様子の画像では、学生役の方々は確認できますが、他の先生などは確認できませんでした。

「GTOリバイバル」松嶋菜々子出演との報道あり

2023年9月28日、女性セブンの報道で松嶋菜々子さんが「GTOリバイバル」に出演するとの情報が入ってきました。

そのドラマに反町の妻・松嶋菜々子(49才)が出演することが『女性セブン』の取材でわかった。

「松嶋さんは全編に出続けるわけではなく、スポット的な出演ですが、9月中旬に2日ほどかけてロケが行われました」(芸能関係者)

引用:女性セブン

芸能関係者によると、松嶋菜々子さんはすでに「GTOリバイバル」の撮影に参加し、スポット的に出演されるとのことです!

ゆう

今まで制作陣は「GTO」続編に何度か反町隆史さんや松嶋菜々子さんに出演依頼していたようですが、実現は難しく、今回続編で初めての夫婦共演が実現するようです!

反町隆史さんと松嶋菜々子さんの2人の娘さんは海外留学中で、お互いに育児も落ち着いたタイミングだったため、夫婦共演が実現したと言われています。

ゆう

「GTOリバイバル」がますます楽しみになってきましたね!

「GTOリバイバル」松嶋菜々子出演に期待!冬月先生とのその後が気になる

「GTOリバイバル」の放送が発表され、冬月先生役に松嶋菜々子さんを期待する声がたくさん出ています!

「冬月先生はやはり松嶋菜々子さんで見たい!」という声が非常に多く出ていますね。

ゆう

ここまで期待されると他のキャストはむしろ難しいかもと思うほどですね。

また「鬼塚英吉が冬月先生とその後どうなったのか」が気になるという声もたくさん出ています。

さまざまなトラブルから一度は聖林学苑を去った鬼塚英吉と冬月あづさですが、聖林学苑と生徒を守るため再び教師として戻った2人。

ゆう

「その後の2人の展開を見たい!」という方も多いのではないでしょうか。

「GTOリバイバル」キャスト一覧

現時点で発表されているのは、

鬼塚英吉役:反町隆史さん

のみです。

冬月先生に松嶋菜々子さんを希望する声も多いですが、窪塚洋介さんや小栗旬さんの出演を期待する声もたくさん出ています。

また、内山田教頭先役の中尾彬さん続投を希望する声も多いようです。

ゆう

主演の鬼塚役が反町隆史さんだと、他キャストの続投も期待しちゃいますよね!

キャストが発表されたら追記していきます!

「GTOリバイバル」放送日は2024年春

「GTOリバイバル」の放送日は、

2024年春
カンテレ・フジテレビ開局65周年特別ドラマとして放送

と発表されており、はっきりとした日程は決定していません。

特別ドラマとなるため、番組改編時期の2024年3月末~4月初旬になる可能性が高そうです。

「GTOリバイバル」まとめ

今回は、2024年春に放送決定した「GTOリバイバル」に松嶋菜々子さんは出演するのか?についてお伝えしました。

「GTOリバイバル」のキャストは現在のところ、主演の反町隆史さんのみ発表されているだけで、他のキャストについてはまだわかっていません。

2023年9月28日、女性セブンの報道で松嶋菜々子さんが「GTOリバイバル」に出演するとの情報が入ってきて、初めての夫婦共演が実現するようです!

冬月先生役で松嶋菜々子さんが出演し、反町隆史さんとの夫婦共演を期待する声が多く、キャスト発表が楽しみですね。

ゆう

放送は2024年春ですので、それまで楽しみに待ちたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

目次